2008年12月26日

マタニティブルー

2008111040413_1.jpgマタニティブルーという言葉を聞いた事があると思います。
あまり暗い気分になることが無い人からすれば、関係の無いことの様ですが、関係無いと思っていても、なってしまう人も結構いるのです。

産後、体が疲れていると、女性ホルモンの分泌が減少するので、体内で自分ではどうしようもない変化が起きていて防ぐ事が出来ないことです。
妊娠中にマタニティブルーを経験する人は多いようでうす。

マタニティブルーの症状は色々とあります。
眠れなかったり、悲しくないのに突然涙が出てきたり、食欲が無かったり、イライラしたりなどです。
普通は出産後2週間位で終わりますが、マタニティブルーから鬱病へと移行してしまう場合もあるので、気を付けなければなりません。
一人で悩まずに、友達や家族、専門の医師などに相談しましょう。

マタニティブルー専用に作られたリラックス効果のあるハーブティを使うのも良いですし、他にも色々と気分転換をする事が良いと思います。
妊婦だからとか、赤ちゃんがいるからという事で、自分の行動を制限してしまわない様にしましょう。
ある程度気楽に考えて、真面目にとらえ過ぎない事が克服する秘訣だと思います。

マタニティブルーであると、その気持ちは当然赤ちゃんにも伝わってしまいますので、良い事ではありません。
赤ちゃんの事を真剣に考え過ぎる事でマタニティブルーになり、その結果赤ちゃんにとって良くない事になってしまう。と思えば、考えを変え楽にマタニティブルーを乗り越える事が出来るかもしれません。


posted by まりりん at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

マタニティの水着

2008120454135_2.jpgマタニティの期間は、体調がすぐれない事も多く体を動かすのが大変です。
この時期はつわりで体長は良くないし、つわりが終われば、今度はお腹が大きくなってきて、子宮が他の臓器を押している為に苦しくて動くのがおっくうになります。

でもあまり運動をしないでいると筋肉が衰えてしまい、難産にもなりかねません。
マタニティの運動が色々と進められている中で、一番楽なのはマタニティスイミングだと思います。
水中ではお腹の重みを感じないので、楽に動く事が出来ます。

マタニティスイミングを始めるとなるとマタニティ用の水着が必要になってきます。
最近では色々なマタニティ用の水着があります。

やはり、ワンピースタイプの水着よりも、セパレートのタイプの水着か、チュニックの様なデザインになっているマタニティの水着が可愛いのですね。
セパレートタイプのマタニティ用の水着では、上は可愛い花柄で下が黒い無地の短パンという様なデザインになっているものがあります。
スポーティな雰囲気でカッコイイですし、お腹があまり強調されないので、可愛く着ることの出来るマタニティ用の水着だと思います。

ボトムが長めのパンツで膝位まで丈があるマタニティ用の水着もあります。
それもまた、露出も抑えられて可愛く着る事が出来るマタニティの水着だと思います。

また、チュニックワンピースの様なタイプのマタニティ用の水着も可愛く着こなすことが出来ます。
元々のデザインがフェミニンになっていて、ゆったり目のデザインなのでお腹も強調されません。



posted by まりりん at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。