2009年04月04日

マタニティマーク

みなさんはマタニティマークという物を知っていますか。
 
・妊婦さんが交通機関などを利用する時に身につけて、まわりの人達が妊婦さんへの配慮を示しやすくします。
・交通機関や職場、飲食店、その他の公共機関などが、その取組みや呼びかけ文をポスターなどにして掲示して、妊婦さんに優しい環境作りを推進します。

といった目的の為に、厚生労働省が昨年定めた物です。
首都圏では、鉄道会社各社がチェーンの付いたマタニティマークを駅にて無料で配布していることもあって、街で利用者を見かける事も少なくないのではないでしょうか。
 
では、このマタニティマークは、どの位の効果があるのでしょうか。
無料での配布が始まった昨年の8月に妊娠初期であった私はさっそくマタニティマークを貰い、それから半年間常にカバンにつけて電車で通勤していました。
そのときの体験から言って、効果はあまりない、というのが本当の所です。
 
私の場合行きは、始発電車を利用していたので座って通勤していました。
なので、配慮を示して頂たかったのは、帰宅時のラッシュの満員電車です。
一日仕事をした後でとても疲れていて、しかも、家に帰ったらすぐに食事の用意もなければならないのだから、出来る事なら座りたい、というのが切実な願いなのです。
 
しかし、夕方の6時台の電車は、とても混雑していて、まず座席の前までなかなか辿り着けません。
たとえ座席の前に立つ事が出来たとしても、この時間に座っている人達は皆、グッスリと寝ているか、本を集中して読んでいたり、新聞を読んだりしているかで、

自分の目の前に立っている人を見るという事をまずしません。
ですから、せっかくのマタニティマークも目には止まらないのです。
このマークを目にしたり、私のお腹を見たりして、席を譲っていただいたと言う様なことは、週に1回位でした。
 
 マタニティー.jpg
posted by まりりん at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。