2008年09月25日

マタニティの体の変化

s_2008091353558_2.jpg・なんとなく便秘がち  マタニティになるとホルモンバランスの影響により腸の動きが鈍くなってしまう為、便秘になりやすいです。
子宮が腸を圧迫するというのも原因の1つです。

・腰やお腹が張る
マタニティになる事により1回り大きくなった子宮が、膀胱や腸を圧迫する様になります。
その為腰やお腹が張っている様な感じになります。

・乳頭が敏感になってチクチクする
マタニティになるとホルモンの影響によって乳頭が敏感になる事があります。
その為洋服や下着に触れたりするだけで、こすれて痛みを感じる事があります。
ただ、これには個人差があって、まったく感じない人もいます。

・体が熱っぽい
マタニティの初期は基礎体温の高温期が長く続く為に体が熱っぽくなり、風邪でも引いたかな?とかん違いしてしまう事があります。

・胃がムカムカする
早い人であれば月経の遅れと同時に吐き気や胃もたれ、胸のムカつき、匂いに対して敏感になるなどの症状が現れるようになります。

・肌が荒れる
マタニティの期間はホルモンバランスの変化によって、肌荒れがあったり、シミソバカスが目立ったり、化粧のノリが悪くなったりする事があります。

・おりものの量が増える マタニティの期間はホルモン分泌の影響により、膣内の分泌物が増える様になります。
おりものは粘りがあり乳白色ですが、強い匂いなどはありません。

・精神的にイライラする マタニティの初期はホルモンバランスの影響により、急に訳もなく泣きたくなったり、落ち込んだり、怒ったりと、自分でも理解出来ない様な情緒不安定になる事があります。

・いつもだるい・眠い  普段活動的な人でも、マタニティになると無性に眠くなったり、体のだるさを感じる様になります。


posted by まりりん at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。