2008年10月17日

マタニティブルー

2008100340053_3.jpg妊娠時期に増加していた女性ホルモンの分泌は、出産が無事終わってから2〜3日中に、急速に低下していきます。
なので、ふたたび体内のホルモンバランスが崩れてしまい、その後、心身不安定という状態におかれてしまいます。

もちろん、ホルモン量の変化だけが原因という訳ではありません。
分娩やまだ慣れない育児での疲れや睡眠不足、家でひとり育児に取り組まなければならないという不安や孤独感などのストレスが重なると、感情が不安定になります。
無事に子供が産まれ、幸せの絶頂にいるはずなのに、なぜか悲しい、夕方になると決まって気分が落ち込み訳もなく涙が出てくる・・・この様な時の事を、マタニティーブルーと言います。

マタニティーブルーは、通常女性ホルモンが激的に変化する2〜3日から出始め、徐々に薄くなり1ヶ月以内には、改善されます。
特に、性格的に完璧主義の人や責任感の強い人は、マタニティブルーにとてもなりやすく、育児ノイローゼに移行してしまう事もありますが、まず、妊娠中のツワリと同様に、生理的なものと考えて良いでしょう。
都市部などでは、核家族といった家族構成に加え、地域との繋がりも薄いという、母親にとって孤独な育児というのもさらに不安を増大させてしまい、ストレスの原因にもなっています。

1ヶ月以上経っても、症状が改善される事がなく、徐々に重くなって、倦怠感や不安感に包まれてイライラした状態がさらに酷くなり、子供にも興味が無くなってくる・・・
そこまで行ってしまうと、産後うつ病となり通院が必要になってしまいます、そうなる前に、まずは身近な人に相談しましょうね。



posted by まりりん at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。