2008年12月26日

マタニティブルー

2008111040413_1.jpgマタニティブルーという言葉を聞いた事があると思います。
あまり暗い気分になることが無い人からすれば、関係の無いことの様ですが、関係無いと思っていても、なってしまう人も結構いるのです。

産後、体が疲れていると、女性ホルモンの分泌が減少するので、体内で自分ではどうしようもない変化が起きていて防ぐ事が出来ないことです。
妊娠中にマタニティブルーを経験する人は多いようでうす。

マタニティブルーの症状は色々とあります。
眠れなかったり、悲しくないのに突然涙が出てきたり、食欲が無かったり、イライラしたりなどです。
普通は出産後2週間位で終わりますが、マタニティブルーから鬱病へと移行してしまう場合もあるので、気を付けなければなりません。
一人で悩まずに、友達や家族、専門の医師などに相談しましょう。

マタニティブルー専用に作られたリラックス効果のあるハーブティを使うのも良いですし、他にも色々と気分転換をする事が良いと思います。
妊婦だからとか、赤ちゃんがいるからという事で、自分の行動を制限してしまわない様にしましょう。
ある程度気楽に考えて、真面目にとらえ過ぎない事が克服する秘訣だと思います。

マタニティブルーであると、その気持ちは当然赤ちゃんにも伝わってしまいますので、良い事ではありません。
赤ちゃんの事を真剣に考え過ぎる事でマタニティブルーになり、その結果赤ちゃんにとって良くない事になってしまう。と思えば、考えを変え楽にマタニティブルーを乗り越える事が出来るかもしれません。


posted by まりりん at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。